萱島雄太 | YUTA KAYASHIMA

「方言学の未来をひらく—オノマトペ・感動詞・談話・言語行動」装丁デザイン

方言学の未来をひらく1

「方言学の未来をひらく —オノマトペ・感動詞・談話・言語行動」という本の
装丁デザインを担当させて頂きました。

 

オノマトペ、感動詞、談話、言語行動などの分野での

地域差のついて研究している本です。

 

デザインの趣旨としては、

オノマトペの独特の方言(レロラレロラ、モタラカタラ…など)

が共通の音を多く持っていることに着目し。

 

同じ音を持つ言葉同士を

クロスワードパズルのように配置し、

オノマトペ独特の音感を

遊び心と上品さを備えた形で表現することを試みました。

 

カバーを広げると、このように配置された言葉たちを俯瞰できます。

 

方言学の未来をひらく2

 

書店等で見かけましたらどうぞよろしくです。

 

> 「方言学の未来をひらく —オノマトペ・感動詞・談話・言語行動」小林隆・川﨑めぐみ・澤村美幸・椎名渉子・中西太郎(著) / ひつじ書房

保存