萱島雄太 | YUTA KAYASHIMA

「村上春樹のフィクション」 カバーイラスト

 

「村上春樹のフィクション」という本のカバーイラストを担当させて頂きました。

これまでの村上春樹作品に頻繁に出てきたモチーフを元に、

不思議な感じのイラストを…ということで箱庭的な世界観の中に収めてみました。

 

以下、内容紹介の引用です。

 

小説にとどまらず、エッセイ、ルポルタージュ、評論等

多彩なジャンルにおいて様々な活躍を見せる

現代日本文学を代表する作家・村上春樹の

フィクションの様相を、短編小説を中心としつつ、

それ以外のジャンルのテクストにも目配りしながら、

物語論とイデオロギー批評を始めとする諸理論にもとづき、

〈修辞的構 成〉〈物語と主体性〉〈物語性と視覚性〉

〈倫理とイデオロギー〉の四つの部立てで論じる

新たな村上春樹研究。

 

 

本屋さんなどで見かけましたら是非に。

 

> 「村上春樹のフィクション (ひつじ研究叢書(文学編) 9)

著者: 西田谷洋(著)

ブックデザイン: 坂野公一(welle design)

発行: ひつじ書房

 

 

保存