萱島雄太 | YUTA KAYASHIMA

「祭りの年輪」装丁デザイン

 

「祭りの年輪」という本の装丁デザインを担当させて頂きました。
 
現代的な視点から祭りについて考察されている本です。
 
デザインの趣旨としては、
 
・ジャンル的には研究書なので、研究書としての静謐さは保つ
・若い人でも手に取りやすいようにモダンで明るいイメージ
・祭りのイラストも入れてほしい

といったリクエストを基に、自分なりに仕上げてみました。
 
 
書店等で見かけましたらどうぞよろしくです。
 
> 「祭りの年輪 (未発選書 25)」 大石泰夫 (著) /ひつじ書房